JNEXT
電話する

電話する

無料相談

無料相談

  1. HOME
  2. 創業融資メディア
  3. 起業
  4. 美容室開業の費用内訳を公開!節約するならどれ?

投稿日:2018.08.13 / 更新日:2018.08.13

起業

美容室開業の費用内訳を公開!節約するならどれ?

岳雄荻野

この記事の著者:荻野岳雄

50社以上の役員を歴任、企業の再生・成長支援・経営の実践。12社以上の上場に携わる。約25年にわたり企業の35社の経営を経験。企業経営・株式上場・税務の最前線で経験を積む。税理士・中小企業診断士・行政書士。

詳しいプロフィールはこちら

美容室開業にかかる費用は大きく分けると物件取得費・工事費・設備費・開業関連費の4つに分けられます。これらをうまく節約して行くにはどんな方法があるのでしょうか?ここでは美容室開業における4つの費用について紹介いたします。美容室の開業を考えている人は費用の基本を押さえておきましょう。

費用1.物件取得費

美容室開業にかかわらず新規創業にかかる費用の多くを占めるのが物件取得費です。この物件取得費は賃貸物件を借りるのと同じ意味だと思えばわかりやすいでしょう。

費用項目は敷金と礼金は0?2カ月分程度が一般的ですが、物件ごとに違いが見られます。保証金は敷金と同じ意味合いで表記されていることが多い傾向です。

しかし店舗物件における保証金は家賃滞納時の保証分として預けておくお金になります。物件ごとに半年?1年分程度の保証金を必要とすることが多く、これにより大家さんも借りる側も滞納リスクの軽減につながります。これらのほか管理会社に支払う仲介手数料、月の途中で契約する際の前家賃、物件の火災保険料が必要です。

費用2.工事費

店舗物件を借りることができたら次は工事です。美容室開業に限りませんが、店舗物件を選ぶ際は給排水設備だけがあるだけのスケルトン物件か、ほぼ前の店舗の状態になっている居抜き物件の2通りあります。スケルトン物件は工事費は高くなりますが1から作りあげるため経営者の理想に近いお店を作ることが可能です。

居抜き物件は大きな変更をすれば工事費が高くなるものの、既存の状態を活かすということであれば費用節約が可能です。ただ居抜き物件でも外装工事はしっかりと行い、以前の店舗の雰囲気を消してオリジナリティを出すことが大切といえます。

ビルのテナント物件を借りた場合などではできることは限られますが、集客に直結する要素だけに節約するよりもお金をかけるべき部分といえるでしょう。

これは看板工事費も同じで節約するよりも通行人にアピールできるようにお金をかけたい部分です。ほかには特にスケルトン物件に関わってくるところで給排水工事費・電気工事費・空調工事費があります。給排水工事の節約ポイントとしては水回りはできるだけ距離を縮めて配管の距離を短くするのが有効です。

電気工事費や空調工事費を節約するには機材は自身で用意して設置だけを業者にお願いするという方法があります。ある程度の知識は必要になりますが、費用節約のためにはやってみる価値はおおいにあるでしょう。

費用3.設備・什器費

美容室開業は設備費にも注目しておくことが大切です。美容室で主に使用する設備としてはセット椅子、シャンプー台、スチーマーがあります。価格帯はメーカーによって異なりますが、お客さまが座るセット椅子は座り心地の良さはもちろん、デザインが重要です。シャンプー台もデザイン性が重要で、お店のイメージを左右させるポイントです。またスチーマーは機能と性能重視で考えたほうが作業効率は高まりますし、お客さま満足度も高まりやすいでしょう。

これらは中古品やアウトレットでも見つけることが可能です。ただし開業に向けて費用削減だけに注目することはおすすめできません。

美容室に足を運んでくれるお客さまにゆったりと過ごしてもらえるように、お店の雰囲気を重視することはリピーター獲得に大事な要素です。そして従業員が使いやすい設備を導入することは作業時間とお客さまの拘束時間短縮につながり、満足度向上につながりやすくなります。

このように美容室開業では費用の削減が大事な一方で、お客さま満足度重視の経営をしたほうが軌道に乗りやすく将来的に良い結果を得られる可能性が高いといえるでしょう。

費用4.開業関連費

お店の営業に関わってくる開業関連費には、販促費・人件費・消耗品仕入れ費・雑費があげられます。

販促費はチラシ作成やインターネット広告への出稿、ホームページ作成などの費用で新規顧客獲得に欠かせない費用です。人件費は従業員を何人雇うかで変わってくるため予測の集客数と回転率、営業時間などで計算して適切な人件費を割り出しましょう。

消耗品の仕入れ費や雑費は新たに美容室開業するということであれば判断が難しいかもしれません。いずれ確実に使用する消耗品なら初期段階で多めに購入するように費用を多めに考えておきましょう。雑費も同様に多めに見ておくと安心です。

美容室開業の費用を削減するには?

美容室開業にはたくさんの費用項目があることがわかりましたが、では費用削減のために何ができるのでしょうか。

物件取得費の削減は家賃交渉や保証金の減額交渉があります。特に家賃交渉は積極的に行うべきです。敷金や礼金、保証金、仲介手数料などの計算は家賃の○カ月分で計算するため、家賃を1万円引いてもらっただけでも効果はあります。保証金については多額のお金を納めるのは大変ですからできるだけ交渉したいところですが、程々にしておきましょう。

保証金は家賃を支払えなくなってしまったときの助け舟になるお金ですから多く預けておいたほうが安心です。そのため負担に感じても値引き交渉は避けて交渉するなら家賃にするのがおすすめといえます。

また設備費用や工事費用は内装工事費を削減しすぎると抱いていたイメージとかけ離れた美容室になってしまうおそれがあります。紹介したように設備機器はアウトレットでも購入できるため節約しながらも魅力的な設備をそろえることが可能です。内装工事費についても、お金をかけずに雰囲気をあげるための方法を設計事務所や施工会社と相談してみましょう。

加えて、新規顧客の集客が難しい業界ですから広告費は一定の費用を考えておきたいところです。無理に削減しようとすると集客に苦しむおそれがあります。費用削減は時間をかければ可能です。どうすれば費用をかけずにイメージに近いお店にできるか、周りの知恵にも頼って開業へと進みましょう。

開業するなら自己資金で?融資で?

美容室開業に向けて自己資金で行うべきか融資を受けるべきかについては自己資金が潤沢であれば自己資金で開業したほうがおすすめです。

ただし自己資金が足りないようであれば融資を受ける決断を早めにしたほうがよいでしょう。開業を目指す人のなかには「自己資金をためてから開業したい」という人は少なくありませんが、自己資金がたまるのはいつになるのでしょうか。5年先かもしれませんし20年先かもしれません。

せっかくの開業したい気持ちも年月が経てば薄れてしまう可能性があるため、思い立ったらすぐにでも融資を受けて開業を目指しましょう。そのほうがモチベーションを高めたまま店舗運営ができますし、将来の店舗拡大などの道も見えてくるはずです。

開業資金の融資を受ける際の選択肢は複数ありますが、まずは日本政策金融公庫の利用を考えるのがおすすめです。日本政策金融公庫の新創業融資制度を利用すれば無担保・無保証人で利用できますし、利息は年2%程度(2017年時点)で済みます。(※1)

自己資金をためるまでの間にビジネスチャンスを逃さないよう早めに行動しましょう。

ポイントを押さえて安定経営を!

美容室開業は物件取得費や工事費、設備費、開業関連費が必要になるため資金計画と費用削減の方法を考えることが大切といえます。

特に開業に向けて大きな金額になる物件取得費と工事費は妥協点を見つけるのが難しく頭を悩ませてしまいがちです。以前も美容室だった居抜き店舗を見つけられれば費用を抑えて開業できますが、スケルトン物件だけしか見つけられなければ多大な資金を必要とする可能性があります。ただし開業に向けて費用削減だけに注目するのはおすすめできません。

美容室に足を運んでくれるお客さまにゆったりと過ごしてもらえるように、お店の雰囲気を重視することはリピーター獲得に大事な要素です。そして従業員が使いやすい設備を導入することは作業時間とお客さまの拘束時間短縮につながり、満足度向上につながりやすくなります。

このように美容室開業では費用の削減が大事な一方で、お客さま満足度重視の経営をしたほうが軌道に乗りやすく将来的に良い結果を得られる可能性が高いといえるでしょう。

参考

※1.【日本政策金融公庫】新創業融資制度
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/04_shinsogyo_m.html

初回のご相談は無料で対応しております

創業融資や資金調達で分からないことがあれば、まずはお気軽にご連絡ください。
分かりやすくご説明をさせていただきます。

電話番号:03-5960-3665 無料相談・お問い合わせ
岳雄荻野

この記事の著者:荻野岳雄

50社以上の役員を歴任、企業の再生・成長支援・経営の実践。12社以上の上場に携わる。約25年にわたり企業の35社の経営を経験。企業経営・株式上場・税務の最前線で経験を積む。税理士・中小企業診断士・行政書士。

詳しいプロフィールはこちら
無料相談・お問い合わせ

メルマガ登録はこちら

労務・会計に役立つ情報を
メルマガ配信しています。(不定期発行)

メルマガ登録はこちら
トップに戻る