JNEXT
電話する

電話する

無料相談

無料相談

  1. HOME
  2. 創業融資メディア
  3. 起業
  4. 美容室経営の経費と売上対策!できる経営者になるために

投稿日:2018.08.13 / 更新日:2018.08.13

起業

美容室経営の経費と売上対策!できる経営者になるために

岳雄荻野

この記事の著者:荻野岳雄

50社以上の役員を歴任、企業の再生・成長支援・経営の実践。12社以上の上場に携わる。約25年にわたり企業の35社の経営を経験。企業経営・株式上場・税務の最前線で経験を積む。税理士・中小企業診断士・行政書士。

詳しいプロフィールはこちら

美容室経営していくなかで利益確保するには経費と売上に注目することが大切です。

利益を出すには健全な経営ができているのが前提で、そこからさらに利益を伸ばすには経費を下げるか売上を上げるかを考えていかなければなりません。ここでは、これから美容室を開業しようと考える人に向けて開業後に頭を悩ませてしまうことの多い売上対策と経費対策を紹介します。

美容室経営が上手くいかなくなる理由

せっかく美容室を開業したのにもかかわらず失敗してしまうケースは珍しくありません。ここでは美容室経営が上手くいかなくなる6つの理由を見ていきましょう。

1つ目は美容室が多いエリアで営業しているため集客が難しくなってしまうためです。

開業前の通行量チェックや美容室の店舗数確認、周辺環境から予測される見込み客数など基本的な確認事項を怠ると失敗する傾向にあります。

2つ目は競合店にサービス内容と価格で負けているためです。

ライバル店の状況確認も店舗選びのうえで大事な要素といえます。敵を知ったうえで自店舗が上をいくサービス内容と価格を打ち出せなければ地域一番点になるには難しいでしょう。

3つ目はスタッフ教育ができていないためです。

技術レベルは大事ですが、それ以前に接客マナーができていない美容室ほど上手くいかなくなる可能性が高いです。

4つ目は仕入額が高いためです。

材料費のグレードを下げてしまうのはいけませんが、価格交渉や安価でも質の良い材料を使用するなどの工夫が大事です。

5つ目は水道光熱費が高いためです。

毎日の営業に欠かせないものだけに少しの削減努力で大きな結果が生まれる費用です。経営者自身が節約意識を持たなければお店の経営に影響を与えてしまいます。

6つ目は人件費が高いためです。

「適切な人員配置ができていない」「スキルが足りない」「売上が足りない」などの原因があります。美容業界は人件費率が高い傾向です。しかし対策をしなければ利益を圧迫してしまい経営が上手くいかなくなるおそれがあります。

売上アップにつながる3つの対策

売上アップ対策としては、やはり集客に注目しなければなりません。

リピーターの増加と新規顧客獲得を狙うことを目的にした対策、そしてサービス向上の施策で集客を考えましょう。難易度の高くないものとして次の3つがあります。

1つ目はリピーターの増加を目的にしたポイントカードの作成です。

お客さまを囲い込み、再来店につなげるためには有効な対策です。「毎週木曜日はポイント2倍」など店舗ごとに集客が難しいと予測される曜日にポイントキャンペーンを打つことを検討することもよいでしょう。

2つ目は新規顧客獲得を目的にした販促活動です。

ターゲット層を若年者に限っているならweb広告やSNSなどのインターネットを利用した販促だけでもよいかもしれません。しかし幅広くお店をアピールするなら新聞広告やチラシ、フリーペーパーなどを含めオンラインとオフラインの両方からアプローチするのが有効です。

3つ目はサービスの向上です。

美容室では技術が高いことに加え、お客様とのスムーズな会話も重要なスキルのひとつです。お店での立ち居振る舞いも含め、研修会やミーティングでスタッフのサービスレベルが向上できれば売上アップ実現の可能性が高まります。

いずれの売上対策も難しいことはありません。入店動機を高めて来店したお客さまの満足度を意識した営業をするのが重要です。これらを根本的な売上対策という認識を持ち対策をベースに考えてみましょう。

経費ダウンにつながる3つの対策

美容室経営で利益を上げるには売上アップと同時に経費ダウンの対策も大切で、こちらも主に3つあります。

1つ目は家賃交渉です。

家賃の減額は物件契約にかかる敷金や仲介手数料の減額、開業後は毎月の固定費削減効果を得られます。

2つ目は各種材料の見直しです。

同価格帯で同程度の効果を得られる材料がないか購入前に比較しましょう。
また、材料費は数十円の違いが年間で数十万円の違いになる可能性もあるため業者間の比較や交渉も大切です。

3つ目は無駄がないかのチェックです。

美容室経営をしていくなかで、いろいろな無駄に気づくことがあるはずです。
たとえば機材のリース契約は意外と負担になるものですから中古品を購入してリース契約を止めるのもいいでしょう。また、お客さまへ毎月ダイレクトメールを送るよりもメールやSNSで発信したほうが経費削減できます。ほかにも「不要な備品は購入しない」「電球はLEDに交換する」など細かな経費削減で無駄を減らしていきましょう。

経費ダウン対策をした結果、数千円の削減効果だけしかなかったとしても、それらは継続して行うべきです。数千円の利益を得るためには数万円の売上が必要ですから、わずかながらの経費ダウン対策だったとしても積極的に取り組みましょう。

青色申告を上手に使おう!

美容室経営をするうえでは確定申告も経費削減の大切な要素です。税務署に所得税の青色申告承認申請書を提出しておけば節税につながるメリットが得られます。白色申告では売上から経費を引いた金額に税金がかかりますが、青色申告では売上から経費を引いた所得金額よりさらに65万円を控除することができます。

また美容室を開業してからすぐに黒字化するのは簡単ではなく赤字を出してしまう場合がありますが、青色申告では損失を繰り越しが可能で翌年以降の利益と相殺できます。ほかにもクレジットカード決済を導入する場合、売掛金の一部を貸倒引当金として経費にすることが可能です。

従業員を雇わずに家族経営している場合も、その給与を経費にできるというメリットがあります。ただし、開業3年目で課税売上高が1,000万円を超えている場合は消費税の納税義務があることに注意しましょう。(※1)

経費処理は外注化がおすすめ!

経営者として経費管理は大切な仕事のひとつであることに間違いありません。

しかし経営者が本来やるべきことは美容室経営が円滑に進む仕組み作り、そして現場での接客が本来の仕事です。優秀な美容師を雇うことができれば、お店の営業を任せられるかもしれませんが、経営者として日々現場に立つことはとても大切です。

不慣れな経費処理は時間もかかりやすく間違いも起きやすいですし、経費の無駄を見つけるのも難しいものですから税理士への依頼を考えるのがおすすめです。税理士は経費処理のプロとして適切に処理してくれますし経費削減のアドバイスも受けられます。

費用を払ってでも依頼したほうが経費対策の効率は良くなると考えられます。

外注コストはかかりますが、それでも本来の仕事で売上を上げるように努めたほうが良い結果を得られる可能性が高まるでしょう。

万全の対策で利益アップにつなげよう!

夢や希望を抱いて美容室経営に臨む人は少なくありませんが、すべての人が成功するとはいえません。

経営が上手くいかなくなる理由は6つありましたが、どれもありがちな内容ですから、開業する前に意識しておきたいところです。売上対策と経費対策は3つずつ紹介しましたが、どれも難しいものではないため開業する際は積極的に取り組んでみましょう。

なかでもリピーター獲得策は重点的に行うのがおすすめです。固定客ができれば一定の売上が見込めますし、そこから口コミで新規顧客獲得につながる可能性もあります。

経費対策では固定費削減のためにも家賃交渉が肝心な部分です。仲介業者を巻き込んで味方につけられれば家賃の値下げを期待できます。

また青色申告を上手に活用して節税対策をすることも大事です。さらに本来の営業がおろそかにならないように税理士への依頼は前向きに検討したほうが円滑な経営につながりやすいでしょう。

美容室経営は、すべてが順風満帆にいくわけではないため、開業前から売上と経費の対策を練っておくようにしましょう。

参考

※1.【萩原健志税理士事務所】平成27年分┃美容院経営者のための初めての確定申告ガイド【完全版】
https://simple-tax.jp/2016/01/27/how-to-final-return-for-beauty-salon/

初回のご相談は無料で対応しております

創業融資や資金調達で分からないことがあれば、まずはお気軽にご連絡ください。
分かりやすくご説明をさせていただきます。

電話番号:03-5960-3665 無料相談・お問い合わせ
岳雄荻野

この記事の著者:荻野岳雄

50社以上の役員を歴任、企業の再生・成長支援・経営の実践。12社以上の上場に携わる。約25年にわたり企業の35社の経営を経験。企業経営・株式上場・税務の最前線で経験を積む。税理士・中小企業診断士・行政書士。

詳しいプロフィールはこちら
無料相談・お問い合わせ

メルマガ登録はこちら

労務・会計に役立つ情報を
メルマガ配信しています。(不定期発行)

メルマガ登録はこちら
トップに戻る