JNEXT
電話する

電話する

無料相談

無料相談

  1. HOME
  2. 創業融資メディア
  3. 資金調達
  4. 失敗しない・儲かるフランチャイズの選び方と資金調達方法【対談】

投稿日:2018.10.01 / 更新日:2018.10.04

資金調達

失敗しない・儲かるフランチャイズの選び方と資金調達方法【対談】

税理士法人JNEXT

この記事の著者:税理士法人JNEXT

創業融資実行率100%、累計獲得金額15億円以上の創業融資のプロがサポートします。創業融資を受けたいが誰に相談していいかわからない、融資が受けられるのかどうかすぐに知りたい、などのご不安やご不明点がありましたらお気軽にご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら

フランチャイズでの開業を検討されている方や資金調達でお悩みの方で下記のようなお悩みはありませんか?

「たくさんのフランチャイズがあるけどどうやって選べばいいの?」

「最近、伸びているフランチャイズビジネスって?」

「良いフランチャイズ本部の見分け方ってあるの?」

「フランチャイズ本部は決めたけど資金調達はどうしたらいいの?」

「1,000万円の融資を受けるにはどれくらいの自己資金が必要なの?」

このようなお悩みをお持ちの方々にとって朗報です!

業界で1,2を争うフランチャイズ情報サイト「フランチャイズ比較ネット」のフランチャイズコンサルタントである矢口氏をお招きし、起業コンサルタントである金原との対談をお届けします。
フランチャイズ業界の現状、成功するフランチャイズ本部の選び方、融資を受ける場合に必要な自己資金額までお話しいただきました。

対談者プロフィール

矢口武徳

株式会社ベーシック 矢口 武徳

シニアコンサルタント / 日本フランチャイズチェーン協会認定 フランチャイズ経営士。10年にわたり、フランチャイズ本部と加盟検討者とのマッチングを推進。これまでの経験・ノウハウを生かし、お問い合わせから面談、成約まで、一貫してお手伝いいたします。
 
 
金原隆之

税理士法人JNEXT 金原 隆之

起業コンサルタント(インキュベーター)。年間で約60社の起業・融資サポート(相談件数は100件超)を行い、直近6年間累計で約30億円超の融資実績あり。起業・資金調達のサポートはもちろん開業相談から必要書類の作成まで手厚くバックアップをいたします。
 

対談内容

フランチャイズの開業について

フランチャイズの開業について

Q.登録されるフランチャイズ本部の件数や開業される方は増えていますか?

矢口『増えていますね!2020年のオリンピック向けて、フランチャイズ本部を立ち上げたり、開業される方が増えている傾向にあると思います。』

金原『そうですね。ちょうど先日、外国人向けの飲食店の開業サポートを行いましたし、これもオリンピック効果でしょうか。』

矢口『外国人向けの飲食店って需要ありそうですね!最近、外国人観光客も増えていますし、フランチャイズ展開しましょうよ(笑)』

金原『(笑)。でも実際、開業したい方と面談した際に最終的には「フランチャイズ本部を立ち上げたいんですよ」ってよく言われます。』

矢口『おっ!そうなんですね!フランチャイズ本部を立ち上げた際にはぜひ、フランチャイズ比較ネットのご利用を!(笑)』

金原『告知か!(笑)』

フランチャイズビジネス全般について

フランチャイズビジネス全般について

Q.どのようなフランチャイズビジネスが伸びていますか?

矢口『先程のオリンピックの話じゃないですけど、世の中の流れに影響されている感じがしますね。最近出てきて面白いなって思ったのが、カジノのディーラーの養成スクールです。これはIR推進法(別名:カジノ解禁法、カジノ推進法)が成立したことによる影響なんですよね。』

金原『カジノディーラーの養成スクールのフランチャイズが出てきたんですか!面白そうかも。』

矢口『あとは、2018年の4月より小学3年生から英語教育が始まる※ことで、「英会話に通わせよう」という親が増えたので小学生向けの英会話教室に盛り上がりが見えますね。他にもダンススクール。こちらは踊れるようになりたい!という需要の他に小学校の授業でダンスを教えるために先生が通うケースが増えているようで、指導者向けのダンススクールがうけています。』
※補足:2020年の英語教育改革の移行措置として2018年より段階的に導入されています。

金原『確かに、英会話教室は最近よく相談されますね。」

Q.フランチャイズ比較ネットで人気な業種は?

金原『飲食業が人気なイメージがありますが実際はどうなんでしょうか?』

矢口『そうですね。確かに掲載数だと飲食業が半数以上を占めていますね。ただ個人の方のアクセスが多いので、飲食業はコスト負担が大きすぎて開業を断念される方も多いのが現状です。』

金原『飲食業は豊富な資金がないと開業しても経営が続かないですもんね。』

矢口『そうなんですよ…実際には、MAXでいくらぐらい借りられるのでしょうか?』

金原『担保なしで条件が完璧に揃っていたら、公庫と銀行をあわせて2,500万円いけることもありますが、実際にはいいとこ1,500万円くらいですかね。』

矢口『1,500万円だと飲食業の大半は難しいでしょうね。だけど小さい居酒屋とかならいけそうですね!』

Q.フランチャイズ本部の方が悩んでいることってあるのですか?

矢口『やっぱり“人”に関することでしょうね。「良い人材をなかなか採用できない」との悩みをよく聞きますし。例えば塾やダンス教室を開業するのに、資金が豊富にあり、立地の良い場所を確保できて、生徒を取れる見込みもあったとしても、講師をつけられないのでOPENできないなんてケースもあります。』

金原『それだけの条件が揃っていたのに本当にもったいない。人材不足の問題について、塾ではICTを活用した映像授業で対応していたり、スーパーではセルフレジを導入して、改善する動きが見られますね。』

矢口『将来的に、映像授業の講師としてペッパーくんが登場する日も遠くないかもしれません。』

Q.良いフランチャイズ本部の選び方などはあるのでしょうか?

矢口『フランチャイズで開業するとした場合、基本的な流れとしては、「独立しよう」→「儲かりそうなフランチャイズはどこかな」→「いくつか資料請求して検討しよう」→「フランチャイズ本部へ相談しよう」になるかと思いますが、フランチャイズ本部へ相談する前にフランチャイズコンサルタントである私たちや金原さんのような専門家に相談してほしいです。私たちの知識を提供することによって、成功するきっかけを作れるかと。』

金原『そうですね。サイトの情報を鵜呑みにしてしまうのは良くないです。フランチャイズ本部は加盟者を増やすために、メリットが目立つサイト・資料ができてしまうのは仕方がないことですが、加盟者側できちんとデメリットやリスクを把握していないと失敗してしまいます。これはフランチャイズ本部としても望ましくないことです。』

金原『また、僕の場合、リスクは明確に伝えます。例えば必要資金についてフランチャイズ本部の見せ方もあるかと思うのですが、500万円あれば開業できて、運転資金として500万円を用意できて計1,000万円あれば余裕があるなと思って資金調達の相談にいらっしゃった加盟希望者がいましたが、僕が見てみると必要資金は1,500万円のものだったのです。なのでハッキリと「この計画だと1,500万円は必要です。それでも開業したいならサポートします。」と伝えました。その方は思いとどまりましたが、もしそのまま進んでしまったら資金ショートしていた可能性が高かったでしょう。』

Q.フランチャイズ本部の方とも提携などあるのですか?

金原『おかげさまでフランチャイズ本部提携数が42社(2018年8月現在)になりました。提携しているフランチャイズ本部からは「加盟希望者が融資を受けられそうか判断してほしい」とよく相談されますね。加盟希望者としたら資金調達が困難なことが原因なら当面の目標をお金を貯めることに集中できるでしょう。』

矢口『融資可能かどうかを判断してもらえるのってすごく有り難いですね!実際、フランチャイズ本部に資金調達の機能がないがために、加盟希望者自身で融資を受けて失敗してしまい、結果的に資金が足りず開業できないってこともありましたし、このパターンは本部にとっても、ご本人様にとっても不幸でしかないです。』

金原『弊社では無料相談にて融資を受けられるかすぐに判断できますし、一度試してみてほしいです。』

矢口『それとフランチャイズ本部提携数42社ってそんな税理士事務所は他に聞いたことないですよ。間違いなく日本一の実績かと思います。』

金原『今年度中にフランチャイズ本部提携数50社を目標にしておりますので、ぜひご紹介ください(笑)。』

フランチャイズ比較ネットについて

フランチャイズ比較ネットについて

Q.フランチャイズ比較ネットのウリを教えてください。

矢口『複数社を比較しやすいサイト構成、一括で資料請求できる機能、フランチャイズ比較ネット経由で開業(加盟)が決定した場合の開業お祝い金ですかね。』

金原『業界1、2を争うサイトなので圧倒的な掲載数も魅力ですよね。』

矢口『あと、全国でフランチャイズ比較ネットセミナーを参加費無料で開催しています。その中でも金原さんの資金調達に関するセミナーがわかりやすくとても評判がいいんです(笑)』

金原『言わされている感がありますが言わせていませんよ(笑)』

矢口『悪ふざけが過ぎましたね(笑)でも実際、僕も金原さんのセミナーを聞いて資金調達に関する知識はかなりついたと思いますので本当にわかりやすいですよ。』

資金調達について

資金調達について

Q.自己資金はどのくらいの方が多いのですか?

金原『100万~500万円ですね。中でも100万円を持っている方が大半です。500万円を持っている方は2、3年くらい前までは割といたんですが最近はあまりいませんね。』

矢口『フランチャイズ比較ネットのサイトも100万円以下の方のアクセスが多いですね。ちなみに1,000万円の開業資金を用意するには自己資金はどれくらい必要ですか?』

金原『開業資金として1,000万円を用意したいなら自己資金は300万円あればいけそうです。ちなみに自己資金が500万円あれば借入1,500万~2,000万で開業資金として2,000万~2,500万も用意可能かと。』

Q.フランチャイズに加盟し資金調達をする際に専門家に相談するメリットはありますか?

金原『事前に融資を受けられるかどうかを知れることが大きなメリットかと思います。加盟したいフランチャイズ本部を決めたとしても、そもそも資金を用意できないなら時間の無駄にしかならないですよね。』

矢口『そうですね。早めに相談して融資を受けられるか、どれくらいの資金を用意できるのかを把握できたほうが計画も立てやすそうです。』

金原『またJNEXTにはグループとして専門家が多数在籍しておりますので、会計はもちろん、会社設立するなら司法書士が、助成金のことなら社労士が対応します。』

最後に

最後に

これから、開業を考えている方へメッセージをお願いします。

矢口『私は加盟希望者がフランチャイズってほんとに上手くいくの?、資金調達って大変そうだな、って一歩引いてしまうのではなく、前向きに開業してほしいのです。その不安を私たちフランチャイズコンサルが取り除きますので気軽に頼ってください。あなたにマッチングするフランチャイズ本部をご紹介しますので一緒に成功を掴みましょう。』

金原『自分でできることは限界があります。できないことは専門家に依頼してしまったほうが早く物事が進みます。あなたの目的を忘れないでください。目的は“成功”することですよね。フランチャイズコンサルも、フランチャイズ本部も、起業コンサルもあなたが成功するためのアウトソーシング。このアウトソーシングを上手く利用できるかで成功率が高まります。必ずしもフランチャイズ本部すべてが良いとは限りません。教育支援ができていないような本部があるのも事実です。せっかくロイヤリティを支払うのであればそれを支払う価値があると思ったフランチャイズ本部を選択すべきです。』

資金調達について相談したい方、もっと詳しくフランチャイズについて知りたい方は下記よりご相談ください。

資金調達についてのご相談はコチラ
無料相談予約フォーム

フランチャイズについてのご相談はコチラ
フランチャイズ比較ネット

初回のご相談は無料で対応しております

創業融資や資金調達で分からないことがあれば、まずはお気軽にご連絡ください。
分かりやすくご説明をさせていただきます。

電話番号:03-5960-3665 無料相談・お問い合わせ
税理士法人JNEXT

この記事の著者:税理士法人JNEXT

創業融資実行率100%、累計獲得金額15億円以上の創業融資のプロがサポートします。創業融資を受けたいが誰に相談していいかわからない、融資が受けられるのかどうかすぐに知りたい、などのご不安やご不明点がありましたらお気軽にご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら
無料相談・お問い合わせ

メルマガ登録はこちら

労務・会計に役立つ情報を
メルマガ配信しています。(不定期発行)

メルマガ登録はこちら
トップに戻る