JNEXT
電話する

電話する

無料相談

無料相談

  1. HOME
  2. 創業融資メディア
  3. 資金調達
  4. クラウドファンディングのやり方を簡単に解説します!

投稿日:2018.08.13 / 更新日:2018.08.13

資金調達

クラウドファンディングのやり方を簡単に解説します!

岳雄荻野

この記事の著者:荻野岳雄

50社以上の役員を歴任、企業の再生・成長支援・経営の実践。12社以上の上場に携わる。約25年にわたり企業の35社の経営を経験。企業経営・株式上場・税務の最前線で経験を積む。税理士・中小企業診断士・行政書士。

詳しいプロフィールはこちら

職務経験のある業種での起業を目指していても、融資に不安を持つ方は少なくないでしょう。そんな時強い味方となってくれるのがクラウドファンディングです。クラウドファンディングはインターネットを利用して自分のプロジェクトの賛同者から資金を調達する仕組みです。サービスの利用方法やプロジェクトの審査などクラウドファンディングのやり方を簡単に解説します。

クラウドファンディングの登録前にすべきこと

クラウドファンディングにはいろいろなプラットフォームが存在し、いくつかの種類に分類することができます。ですが、どのような分類のプラットフォームを利用してもその大まかなやり方は基本的に同じです。
まず、どのような事業を計画しているのか、融資はいくらくらい必要なのか、どのくらいの期間資金調達を行うのかなど決めておかなくてはなりません。ある程度明確な事業計画が必要です。
次に、どのクラウドファンディングサイトのサービスを利用するのか決めます。国内に限ってもいくつもクラウドファンディングサイトが存在し、得意分野や手数料が違うのです。クラウドファンディングサイトを閲覧すれば、成功したプロジェクトや現在も賛同者を募集しているプロジェクトなどがわかります。どのクラウドファンディングサイトではどういった分野が強いのか理解し、自分のプロジェクトに合ったクラウドファンディングサイトを探しましょう。

プロジェクトの登録から審査まで

掲載したいクラウドファンディングサイトが決まったら、プロジェクトの登録を行います。閲覧者にプロジェクトの概要がよく伝わる文章や写真などを投稿しましょう。
クラウドファンディングサイトでは、タイトル、カテゴリー、目標金額、プロジェクトの概要、リターンなどを登録します。サイトによってはカテゴリーだけでなく、タグを登録できるところもあります。タイトルとサムネイルにする画像は、トップページなどの一覧に掲載されるので特に重要です。成功したプロジェクトを参考にしつつオリジナリティーを出しましょう。必須ではありませんが、PR動画を製作したり、FAQを充実させたりすると、よりプロジェクトの内容が伝わりやすくなります。
クラウドファンディングサイトでは、共感を覚えてもらうことが大切です。そのため上記に加えて自分の原体験などを書き、なぜプロジェクトを達成したいのかも記載しておくと効果的です。
プロジェクトの登録の次は、そのプロジェクトの審査が待っています。どのようなプロジェクトでもクラウドファンディングサイトに掲載されるわけではありません。例えば犯罪性のあるプロジェクトは当然審査で落ちます。プロジェクト実行の見通しが立つと運営側が判断すれば審査を通るのです。
審査に通過しても、プロジェクトページの改善を提案されることがあります。運営の担当者と相談しながら文章や画像などをより良くしていきましょう。アドバイスや提案なので却下することもできますが、良い関係を築くためにもプロジェクトの改善はした方が無難です。

プロジェクト開始から終了まで

完成したプロジェクトページを公開して、資金調達が始まります。目標金額と募集期間から、1日当たりの目標金額を計算します。募集期間中はプロジェクトページを拡散するための広報活動を積極的に行いましょう。自分のSNSで協力を呼びかけたり、プロジェクトのPRを行ったりして、閲覧者を増やします。
こまめに活動報告も行いましょう。経過報告を行うことで資金を支援するかどうか迷っている閲覧者に訴えかける効果があります。目標金額まであといくらなのか、支援者数は何人なのかといった経過を報告することで、支援者同士の一体感が生まれることも期待できます。
募集期間が終わったらプロジェクト終了です。目標金額を達成した場合は、運営から手数料を差し引かれた金額が口座に入金されます。目標金額を達成できなかった場合は、これまで集まった支援金は支援者に返金されてプロジェクト終了です。
プロジェクトの成否に関わらず、支援者へのお礼を活動報告や自分のホームページなどに掲載することが大切です。メールや手紙のやり取りがあるのなら、そちらでもお礼を述べましょう。
支援者へのリターンがあるなら届けます。もし発送の予定日を掲載しているなら遅れないようにしましょう。支援者から許可をもらった上で、自分のホームページに支援者一覧を掲載させてお礼を述べるというのも良いです。
プロジェクト終了後も、自分のSNSやブログなどで起業した様子などを報告すると支援者から喜ばれるでしょう。クラウドファンディングの支援者はリターンだけを目当てにしているわけではなく、プロジェクトの連帯感などを求めていることが少なくありません。その観点から見ても、プロジェクト達成後も事業の様子を定期的に公開することは大切です。

クラウドファンディングは魅力的な仕組み

事業計画に自信があっても資金調達が困難で起業できない人などにとって、クラウドファンディングは非常に魅力的な仕組みです。事業をクラウドファンディングのプロジェクトとして紹介することで、資金を調達することができるかもしれません。紹介したクラウドファンディングのやり方をもとに、自分に合ったプロジェクトを成功させて下さい。

初回のご相談は無料で対応しております

創業融資や資金調達で分からないことがあれば、まずはお気軽にご連絡ください。
分かりやすくご説明をさせていただきます。

電話番号:03-5960-3665 無料相談・お問い合わせ
岳雄荻野

この記事の著者:荻野岳雄

50社以上の役員を歴任、企業の再生・成長支援・経営の実践。12社以上の上場に携わる。約25年にわたり企業の35社の経営を経験。企業経営・株式上場・税務の最前線で経験を積む。税理士・中小企業診断士・行政書士。

詳しいプロフィールはこちら
無料相談・お問い合わせ

メルマガ登録はこちら

労務・会計に役立つ情報を
メルマガ配信しています。(不定期発行)

メルマガ登録はこちら
トップに戻る