JNEXT
電話する

電話する

無料相談

無料相談

  1. HOME
  2. 創業融資メディア
  3. 資金調達
  4. その計画で大丈夫?クラウドファンディングで失敗しがちな計画とは

投稿日:2018.08.13 / 更新日:2018.08.13

資金調達

その計画で大丈夫?クラウドファンディングで失敗しがちな計画とは

岳雄荻野

この記事の著者:荻野岳雄

50社以上の役員を歴任、企業の再生・成長支援・経営の実践。12社以上の上場に携わる。約25年にわたり企業の35社の経営を経験。企業経営・株式上場・税務の最前線で経験を積む。税理士・中小企業診断士・行政書士。

詳しいプロフィールはこちら

クラウドファンディングとは、事業計画に興味のある人達からお金を出してもらって、事業に必要な資金を調達する仕組みです。融資とは違って、お金を返済する必要はありませんが、開業した後は約束した金銭、またはサービスや商品をお金を出してくれた人達に提供することになります。しかし、クラウドファンディングの失敗事例も多くあります。失敗事例から、クラウドファンディングを成功させるポイントを紹介していきます。

クラウドファンディングのメリット・デメリット

クラウドファンディングは大きく分けて投資型と非投資型があります。投資型の場合は、開業した後は投資者たちに、株や分配金など金銭でリターンをしなければいけません。非投資型は購入型とも言われ、開業した後は金銭以外の商品やサービスを提供します。

クラウドファンディングのメリットは、インターネットを通して資金調達ができるという点です。助成金や補助金、創業融資などの資金調達方法に加えて、または資金調達の選択肢の1つとして活用できます。また、テストマーケティングとして、企画している商品やサービスが消費者にどれくらいの反応を示してもらえるか、実際に市場に出す前に確認することができます。市場の認知度も上がるので、資金調達と商品のPRを兼ねてクラウドファンディングを利用する人が多いです。

デメリットは、事業計画を掲載しただけでは資金が集まらないことです。商品に興味がありそうな人たちに商品のことを知ってもらう地道な広報活動も必要になります。また、支援してくれている人たちにはプロジェクトの進捗状況をしっかりと報告することも必要です。他にも、アイディアが公になってしまうことや、資金が集まらなければ、計画が全て無駄になってしまうというリスクがあります。このリスクを回避するためにも、目標は必ず達成させなければと思う起業家も多いです。

失敗した場合は

クラウドファンディングが失敗するということは、プロジェクトが未達に終わるということです。万が一、プロジェクトが未達に終わったときにはプロジェクトの種類によって、支援者に資金が返金されるかどうかが決まります。

非投資型プロジェクトの資金調達方法は、さらに達成後支援型と即時支援型に分けられ、それによって対応方法が変わります。
達成後支援型では、プロジェクトが達成した場合にのみ資金調達できるので、プロジェクト未達の場合は、資金は全額返金されます。
即時支援型は、寄付型とも呼ばれていて、プロジェクトの目標金額の達成にかかわず実行されるので、返金はないです。災害地への支援や貧困国の援助などの見返りを求めない目的の場合に利用される種類です。

投資型プロジェクトには、融資型、ファンド型、株式型の3種類に分類されますが、いずれも目標未達の場合にはファンドが成立せず、支援者へ資金が返金されます。

未達成プロジェクトの失敗例から学ぶ

未達成プロジェクトで多い失敗例が、投稿したプロジェクトの内容や目的が不十分で支援者に伝わらなかったという事例です。文章だけでなく、写真や動画などを駆使して、支援者にプロジェクトの内容が伝わりやすいように工夫することが大切です。また、「何のために」資金を集めるか、「何に役立つか」という目的も明瞭化し、支援者に伝える努力が必要です。
支援額とリターンが釣り合っていない場合の失敗事例も多いです。支援者の多くはリターンを楽しみにしています。また、世の中タダでお金を出してくれる人はいないと考えて、支援額とリターンのバランスを考えることが必要です。
目標金額に根拠がない場合も失敗しやすいと言われています。どれだけの価値があるプロジェクトで、この価値のあるプロジェクトを進めるために、いくら必要なのかということを明瞭にすることが求められます。集めた資金をどのように使い、また、成立した後はどのように活動していくかを明らかにすることで、計画性があることが支援者に伝わりますし、成立した後は、きちんと支援者に約束したリターンを返すことも大切です。
個人的な目的のプロジェクトも支援者がつきにくいです。例えば、企画者の趣味や興味のあるものなど、個人的に好きなもののを投稿しただけのようなプロジェクトは、目的が伝わらず、賛同が得られないことが多いです。

大切なこと

万が一、未達成に終わってしまっても、情熱を持って取り組んでいるプロジェクトを諦めてしまうことはありません。未達成に終わった理由を考えて、改善して再チャレンジすることも大切です。
また、資金調達にばかり目を向けてしまいがちですが、プロジェクトが達成でも未達でも、支援者への感謝の気持ちは忘れずに、その気持を言葉で伝えることも大切です。会ったことも無い人にお金を出してくれる人は少ないですし、その信頼を裏切らないよう気をつけなければいけません。

クラウドファンディングを成功させるために

クラウドファンディングを成功させる鍵は、支援者の目線でわかりやすく説明し、目的を明瞭に説明することが大切です。また、支援者の目線に立つと、支援者から集めた資金使途や、達成後の活動報告まで掲載することの重要性も分かります。自分の事業計画を失敗させないために、またお金を出してくれている支援者のためにも、失敗事例から学び、計画性があり、しっかりとしたプロジェクトを提案する必要があります。

初回のご相談は無料で対応しております

創業融資や資金調達で分からないことがあれば、まずはお気軽にご連絡ください。
分かりやすくご説明をさせていただきます。

電話番号:03-5960-3665 無料相談・お問い合わせ
岳雄荻野

この記事の著者:荻野岳雄

50社以上の役員を歴任、企業の再生・成長支援・経営の実践。12社以上の上場に携わる。約25年にわたり企業の35社の経営を経験。企業経営・株式上場・税務の最前線で経験を積む。税理士・中小企業診断士・行政書士。

詳しいプロフィールはこちら
無料相談・お問い合わせ

メルマガ登録はこちら

労務・会計に役立つ情報を
メルマガ配信しています。(不定期発行)

メルマガ登録はこちら
トップに戻る