JNEXT
電話する

電話する

無料相談

無料相談

  1. HOME
  2. 創業融資メディア
  3. 資金調達
  4. vc(ベンチャーキャピタル)とは?基礎知識とメリット・デメリット

投稿日:2018.08.13 / 更新日:2018.08.13

資金調達

vc(ベンチャーキャピタル)とは?基礎知識とメリット・デメリット

岳雄荻野

この記事の著者:荻野岳雄

50社以上の役員を歴任、企業の再生・成長支援・経営の実践。12社以上の上場に携わる。約25年にわたり企業の35社の経営を経験。企業経営・株式上場・税務の最前線で経験を積む。税理士・中小企業診断士・行政書士。

詳しいプロフィールはこちら

世界的大企業の躍進が伝えられる際にも、度々登場するvc(ベンチャーキャピタル)という言葉。聞いたことはあっても、その内容を理解している人は多くはないでしょう。しかし、その知識を持つか否かで、起業を志す人の将来が左右されると言っても過言ではありません。ここでは、資金調達に悩む起業家が知るべきvcの基礎知識について解説して行きます。

vcとは何か

vc(ベンチャーキャピタル)とは、簡単に言えば未上場企業の将来的成長を期待して行う投資のことを指します。一般的な融資との違いは、利息の返済による回収ではなく、投資先企業の上場時に株式を売却することによるキャピタルゲイン(株式を売却することによる差額での儲け)を見込んだ融資である点です。vcによる援助では、将来の事業計画が具体的にどのような内容であるのか、本当に成長が望める企業となり得るのかどうかを慎重に見極めることとなるため、高い志を持つベンチャー企業が全て融資の対象となるわけではないことを知らなければいけません。vcでは出資者に株式を渡すことにより、援助を受け、資金調達を実現します。投資をする側もハイリスクながらハイリターンを期待しているため、企業の成長に必要な資金は惜しまず援助します。それを実現するためには、相手を説得できるだけの事業計画書の作成も重要になるのです。ベンチャー投資においては、具体的な将来目標を明確化し、ある種のストーリーとして成功へのビジョンを描き出す必要があります。具体的には、何故それをやるのか?(Why)を提示した上で、どのようにそれを実現しようとしているのか?(How)を示します。そして、何をやるのか?(What)で明確な事業計画を提案して行くのです。もちろん、過去の実績を持たないベンチャー企業への投資を実現してもらうためには、具体的な目標の羅列だけでは説得力に欠けてしまいます。それを補足するためにも、その事業計画を誰が実現に導いてくれるのか?(Who)も示してあげる必要があるでしょう。資金を投資する側が望んでいることは、あくまでも上場を視野に入れた将来の成功であるため、素晴らしい事業計画だけでは安易に援助に踏み切ることはないのです。その企業の株が引き受けるに値するものであることを示すためにも、これからスタートを切る上で共に事業を実現して行くメンバーの存在が重要になってきます。そのため、可能な限り重要なポジションには過去に上場企業等で開発に関わった者、優秀な実績を残したと言える営業担当など、ベンチャー企業ながらも将来性を秘めた心強い仲間の存在をアピールして行くことも重要になるのです。詳細なビジネスモデルに関しては、豊富なアイディアを持ち合わせた起業家の手で作り上げることは可能でしょう。しかし、人材の確保はそれ以外の能力が必要になります。優秀な人材と説得力のある事業計画書により、vcによる資金調達さえ実現すれば、あとは前進あるのみです。そこは、起業家の腕にかかっていると言えます。

vcの投資を受けるメリット

vc(ベンチャーキャピタル)による資金調達は、スタート時点から揃えるべき条件が多いため難しく感じられますが、いざ投資を受けると後々大きなメリットをもたらします。要は、自社がvcから投資を受けているのだという実績を作ること自体に価値があるのであり、会社の信用を築くことにもなるのです。そうなれば、追加の出資を促すことも容易になります。結果的に上場を実現できれば、さらなる資金調達も実現するため、企業の成長を考える上でも、vcによる資金調達は将来に繋がる手段と言えるのです。また、vcから出資を受けることにより、役員が派遣されることになるため、経営に必要な知識やノウハウといった経営支援を受けることもできるようになります。資金調達をしつつ、会社の軌道修正に必要な助言を受けられるというのは、ベンチャー企業にとっては大きなメリットになるでしょう。

vcの投資を受けるデメリット

正しい方法を取ればvc(ベンチャーキャピタル)から投資を受けることは可能です。重要なことは準備段階でのミスを避けることと言えます。VCが投資に値すると見るほどの事業計画書と優秀なメンバーがそろっているのであれば、起業家にとって残された仕事は如何に実現に向けて計画を推し進めていくのか、リーダーシップにかかってきます。そこまで聞くと、融資を受けること自体は困難には感じられないかも知れません。しかし、忘れてはいけないことがあります。vcとは、ベンチャー企業への経営支援です。リターンを期待しながらも、高いリスクを負っているのです。出資側がそこまでする理由は、上場時のキャピタルゲインに加えて、一つでも多くの企業の誕生と成功を望んだ上での投資、謂わば日本経済の発展への貢献であると言えるのです。資金調達だけを目的としていては、先が保ちません。出資者による審査は、起業後にも続くのだと意識しておきましょう。ベンチャー企業にとってメリットの多いvcではありますが、当然、デメリットとして抑えておくべきことがあります。先ず「出資者の力」です。ベンチャーキャピタルによる出資を受けたあとには、役員が派遣されます。そこでは、助言だけではなく、出資者から様々な注文が出されることになるでしょう。多くのアイディアを持つ起業家にとっては、時には足を引っ張る要素となり得ますが、融資を受けている立場として聞き入れなければいけません。そして最も注意しなければいけないことは「早期の資金回収」の可能性です。一般的な金融機関の融資とは異なり、予定通りの経営成績が上げられない場合、早期に資金回収に踏み切られる可能性があるのです。vcが対象としているのは、将来性のある企業であるため、成功が望めないと判断された瞬間、資金を回収し、それを他の企業に回すことになるのです。起業家は、資金調達後も大きな責任を持つことになることを覚えておいてください。

それでもvcはベンチャー企業の強い味方

審査をクリアして投資を受けた後も尚、事業計画を実現するまでには困難な側面があることは否定できません。それでも、vcが将来性のある企業を支援する優れた手段であることは確かです。もし、この制度に興味を持ったならば、vcの目に留まるように、日々の情報発信や外部メディアの活用で積極的にアピールして行って下さい。きっと大きな躍進に繋がる筈です。

初回のご相談は無料で対応しております

創業融資や資金調達で分からないことがあれば、まずはお気軽にご連絡ください。
分かりやすくご説明をさせていただきます。

電話番号:03-5960-3665 無料相談・お問い合わせ
岳雄荻野

この記事の著者:荻野岳雄

50社以上の役員を歴任、企業の再生・成長支援・経営の実践。12社以上の上場に携わる。約25年にわたり企業の35社の経営を経験。企業経営・株式上場・税務の最前線で経験を積む。税理士・中小企業診断士・行政書士。

詳しいプロフィールはこちら
無料相談・お問い合わせ

メルマガ登録はこちら

労務・会計に役立つ情報を
メルマガ配信しています。(不定期発行)

メルマガ登録はこちら
トップに戻る