JNEXT
電話する

電話する

無料相談

無料相談

  1. HOME
  2. 創業融資メディア
  3. 資金調達
  4. 起業する前に要チェック!?エンジェル投資家とは?

投稿日:2018.08.13 / 更新日:2018.08.13

資金調達

起業する前に要チェック!?エンジェル投資家とは?

岳雄荻野

この記事の著者:荻野岳雄

50社以上の役員を歴任、企業の再生・成長支援・経営の実践。12社以上の上場に携わる。約25年にわたり企業の35社の経営を経験。企業経営・株式上場・税務の最前線で経験を積む。税理士・中小企業診断士・行政書士。

詳しいプロフィールはこちら

会社を起業したり、独立したりする場合に、最も多くの人々が悩む問題が資金調達をどのように行うのかといった問題です。もともと起業に向けて自己資金を貯めておく人は多いですが、それだけで事業運営が万全に行くことはあまりありません。様々ある資金調達の方法のうちのひとつであるエンジェル投資家からの支援について紹介していきます。

様々存在している資金調達方法

起業時、あるいは独立時には、あらゆる活動をするために膨大な費用が掛かります。会社を運営するための設備費用からはじまって、従業員を集めるための資金や、その他の活動資金が掛かり、事業運営が安定するまでは、常に資金調達に気を配らなければなりません。そのように起業して間もない起業家を助けるための資金調達の方法は、様々な種類があります。おもな方法は銀行や金融機関からの融資ですが、多くの場合は実績のない起業したばかりの会社に融資をしてくれることはありません。そこで利用されるのが、政府や公的機関が実施する融資制度や各自治体や団体が行っている助成金や補助金の制度です。しかし、こちらも細かな要件に該当しなければ受けることができない場合が多いです。細かな要件に左右されることがない資金調達の方法として、エンジェル投資家に支援をしてもらうという方法も注目を集めています。

エンジェル投資家からの支援

エンジェル投資家とは、企業家に必要な資金を支援してくれる存在のことを言います。資金調達に困っている起業家は、資金を豊富に保有している個人などから金銭面をはじめとした様々な支援を受けることによって、企業運営の安定化を図っていきます。
そもそも、この考え方は欧米の考え方です。欧米の演劇業界やアメリカのブロードウェイ、ハリウッドの映画業会などにおいて、事業を支援する投資家のことをエンジェルと呼んでおり、このことに由来して起業家に対して支援をしてくれる個人投資家のことをエンジェル投資家と呼ぶようになりました。エンジェル投資家が行う支援による資金調達は、およそ500万円から2000万円ほどがほとんどです。これは金融機関や銀行などの融資に比べると金額は非常に少なくなりますが、その分審査の基準が銀行や金融機関ほど厳しくないという特徴があります。
エンジェル投資家というもののほとんどは、もともと引退した起業家や実業家であることが多いです。かつては第一線で活躍していた経営者であったことも少なくありません。そのこともあり、彼らから得られる支援というものは、資金調達という面に限りません。起業後の事業運営が安定して軌道に乗るようにと、かつての起業・経営についての経験をもとにしてアドバイスをしてくれることもあれば、かつて築いた人脈を紹介して運営を手助けしてくれることもあります。これらのことから、エンジェル投資家の存在というものは、単なる資金調達の手助けとなる存在という枠を超えて、ビジネス面でのバックアップや精神的なサポートも行ってくれる大きな存在となることもあるので、非常に重要です。
エンジェル投資家は、ただ単に起業家に資金面・運営面でのサポートをするだけではありません。サポートをするだけでは単なるボランティアになってしまい、利益を得ることができません。投資家として出資する代わりに、支援している会社の株式を取得します。そして、支援している会社の事業がうまくいけば莫大な利益を得ることができるという仕組みとなっています。

エンジェル投資家からの支援を受けるためには

エンジェル投資家から、資金調達という支援を受けるためには、ただ起業をしたと広告・宣言するだけではかないません。融資や助成金・補助金のように要件が定まっていないからこそ、事業計画がうまくいくものであることを示し、出資することが得であると思ってもらわなければなりません。そのためには、実現可能であり、かつ独自性のある事業計画を立てることが重要です。出資してもらうためには、事業内容に将来性があり、社会貢献が可能で経済発展に役立つ、将来的に役立つ魅力的なものであることが必要です。そのことを感じさせる事業計画を作成するために、具体的なデータを示しながら、研究開発している独自の技術により他社との違いを示し、有益な起業家の経歴を示すことが求められます。他社との違いを示すことにより独自性を表し、具体的な数値のデータと経歴を細かく記すことによって実現可能性を示すことが可能です。しかし、ただ詳しく長々と資料を作成すればよいというものではありません。魅力的な事業計画にしていくためには、簡潔にわかりやすく作成していくことも重要です。
また、エンジェル投資家に出資してもらうために、エンジェル税制制度の対象となる企業となることも重要です。エンジェル税制とは、対象となる企業の投資家となることで税制面での優遇措置を受けることができるという制度です。この制度の対象となる企業になっていれば、エンジェル投資家を獲得しやすくなります。対象となる企業は、創業間もないベンチャー企業であることが第一で、そのほかにも細かな要件が存在しています。要件を確認した上で、経済産業省の窓口へと申請して認定されれば制度を活用することが可能です。

エンジェル投資家からの支援

起業間もないころの資金調達の方法のひとつしてエンジェル投資家からの支援というものがあります。エンジェル投資家とは、個人投資家からの支援のことを指しており、資金調達ばかりではなく、人脈や経験による事業運営のサポートを受けることも可能です。支援を受けたいならば、具体的で魅力的な事業計画を練り、エンジェル税制対象企業に認定されることが勧められます。

初回のご相談は無料で対応しております

創業融資や資金調達で分からないことがあれば、まずはお気軽にご連絡ください。
分かりやすくご説明をさせていただきます。

電話番号:03-5960-3665 無料相談・お問い合わせ
岳雄荻野

この記事の著者:荻野岳雄

50社以上の役員を歴任、企業の再生・成長支援・経営の実践。12社以上の上場に携わる。約25年にわたり企業の35社の経営を経験。企業経営・株式上場・税務の最前線で経験を積む。税理士・中小企業診断士・行政書士。

詳しいプロフィールはこちら
無料相談・お問い合わせ

メルマガ登録はこちら

労務・会計に役立つ情報を
メルマガ配信しています。(不定期発行)

メルマガ登録はこちら
トップに戻る