JNEXT
電話する

電話する

無料相談

無料相談

  1. HOME
  2. 創業融資メディア
  3. 創業融資
  4. プロパー融資とは?開業時には難しいけど後々使える融資?

投稿日:2018.08.12 / 更新日:2018.08.12

創業融資

プロパー融資とは?開業時には難しいけど後々使える融資?

岳雄荻野

この記事の著者:荻野岳雄

50社以上の役員を歴任、企業の再生・成長支援・経営の実践。12社以上の上場に携わる。約25年にわたり企業の35社の経営を経験。企業経営・株式上場・税務の最前線で経験を積む。税理士・中小企業診断士・行政書士。

詳しいプロフィールはこちら

開業を目指している人は皆、その資金調達法には頭を悩ませるものでしょう。方法には色々ありますが、できる限り自分にとって有利な条件で調達をしたいというのが誰しもの希望です。
その資金調達の方法の1つにプロパー融資というものがあります。開業時に利用することは難しいけれど、後々には使える融資制度とされています。プロパー融資の概要やメリット・デメリットについてお伝えします。

 
 

プロパー融資と信用保証付き融資

プロパー融資というのは銀行が行う融資の形の1つです。
そもそも銀行が行う融資には、プロパー融資の他にもう1つ、信用保証付き融資というものがあります。信用保証付き融資は制度融資とも呼ばれるもので、金融機関と融資の申込者の他に、信用保証協会が間に入っています。

信用保証付き融資の仕組みは、次のようになっています。
まず、都道府県などの自治体が、一定の資金を金融機関に預託します。これが融資の原資の一部となります。中小企業など融資の申込者は、信用保証協会に保証の申し込みを行います。協会が保証の申し込みを受諾すれば、金融機関が申込者に融資を行います。
もし申込者が、融資を受けた資金を返済できないということが起これば、信用保証協会が申込者に代わって金融機関への返済を行います。そして、申込者は協会に対して返済を行っていくことになります。
金融機関から見ると、この信用保証付き融資というのは、もし返済不能となった時であっても協会に代わりに返済を行ってもらえるため、融資を行うリスクが低いということになります。従って、融資も行いやすくなります。融資の申込者から見ても、融資審査に通りやすく、資金調達をしやすい制度となります。

一方でプロパー融資は、このような信用保証協会を通さずに、融資の申込者が銀行から直接お金を借りる方法です。プロパー融資には難点もありますが、様々なメリットもあるとされています。

 
 

プロパー融資のメリット

プロパー融資のメリットの1つ目は、融資金額に限度額がないということです。信用保証協会を通した信用保証付き融資の場合には、融資金額に上限が設けられています。無担保の場合には8000万円、担保を付けた保証付き融資の場合には2億8000万円です。開業当初の資金としてであれば事業もそれ程大きくありませんし、充分な金額に感じられるかもしれません。しかし、少し店舗数を増やしたり、新たな分野まで事業を広げていきたいという場合には、すぐに足りなくなってしまう金額です。設備資金だけでも相当な出費を覚悟しなければなりません。

このような時にプロパー融資であれば、銀行と直接交渉を行うため融資金額に上限がありません。銀行からの信用次第では、かなりの額の融資を受けることも可能となります。事業に対してより大きな目標を持った時に、それを叶えるための充分な資金が調達できる方法と言えます。

また、同じようなことが利率にも言えます。もう少し利率を下げてほしいというような相談・交渉ができたり、その要望が実現する可能性が高いのがプロパー融資です。アレンジが効く融資と言えば分かりやすいかもしれません。

さらに、プロパー融資のもう1つのメリットとして、信用保証協会に払うべき保証料が必要ないということがあります。信用保証付き融資では、協会に対して保証料を支払う必要があります。料金は融資額にもよりますが、1000万円の融資額の場合は5万円から20万円程度と、結構な金額を毎年払う必要があります。プロパー融資であればそのような金額はかかりません。

 
 

プロパー融資の審査に通ることは非常に困難

メリットが多いプロパー融資ですので、この方法で資金調達をできれば良いのですが、残念ながらプロパー融資の審査に通ることは非常に困難です。特に、開業したての人が創業融資を受けるというようなことは、プロパー融資では余程のことがない限りまず無理と思われます。
審査に通るための対策を練り、段階を踏んで実績を作ってから、プロパー融資の審査に臨むことが必須です。

 
 

プロパー融資を受けられるようになるために

プロパー融資を受けられるようになるためには、まずは信用保証付き融資を利用して、銀行との信頼関係を築いていくようにしましょう。一度の保証付き融資だけではなく、何度か融資を受けることを繰り返し、しかもその都度の返済を滞りなく行うことが信頼を得るための近道です。
信頼が得られてきたと感じたら、思い切ってプロパー融資を申し込んでみましょう。この時もいきなり多額の融資を申し込むのではなく、最初は少額から始めることが大切です。何度か少額のプロパー融資を繰り返して、その全てをしっかりと返済すると、多額のプロパー融資への道が開けてきます。
審査自体の準備も勿論重要です。自己資本比率やその額、利益の推移や額など、決算書の内容が審査においては厳しく見られます。会社としての体力を上げる努力を続けることが大切です。

 
 

プロパー融資はメリットも多い!審査に通るためには段階が大切

プロパー融資は信用保証協会の保証がついておらず、銀行から直接受ける融資であるために審査が非常に厳しく、開業当初から受けることは困難と言えます。
しかし、融資額に上限がないなどメリットが多いため、ゆくゆくはプロパー融資を受けられるようにしたいものです。銀行との信頼を築くために段階を踏んだり、厳しい審査にも耐えるように会社の体力をつける努力をすることが、プロパー融資審査に通るための近道です。

初回のご相談は無料で対応しております

創業融資や資金調達で分からないことがあれば、まずはお気軽にご連絡ください。
分かりやすくご説明をさせていただきます。

電話番号:03-5960-3665 無料相談・お問い合わせ
岳雄荻野

この記事の著者:荻野岳雄

50社以上の役員を歴任、企業の再生・成長支援・経営の実践。12社以上の上場に携わる。約25年にわたり企業の35社の経営を経験。企業経営・株式上場・税務の最前線で経験を積む。税理士・中小企業診断士・行政書士。

詳しいプロフィールはこちら
無料相談・お問い合わせ

メルマガ登録はこちら

労務・会計に役立つ情報を
メルマガ配信しています。(不定期発行)

メルマガ登録はこちら
トップに戻る