JNEXT
電話する

電話する

無料相談

無料相談

  1. HOME
  2. 創業融資メディア
  3. 創業融資
  4. 国金で融資を受けたい!必要書類?面談のポイントまで全部教えます!

投稿日:2018.08.13 / 更新日:2018.08.13

創業融資

国金で融資を受けたい!必要書類?面談のポイントまで全部教えます!

岳雄荻野

この記事の著者:荻野岳雄

50社以上の役員を歴任、企業の再生・成長支援・経営の実践。12社以上の上場に携わる。約25年にわたり企業の35社の経営を経験。企業経営・株式上場・税務の最前線で経験を積む。税理士・中小企業診断士・行政書士。

詳しいプロフィールはこちら

これから新しく人にとって、資金の調達は最重要課題となります。ある程度の自己資金があったとしても、それだけで開業資金を賄うことは難しいでしょう。そこで気になるのが国金での資金調達です。国金とは政府系金融機関の日本政策金融公庫のことで、主に小規模企業や自営業者に向けての融資を行っています。では、利用するにはどのようにすればいいのでしょうか。

金利の面で有利になる

 

なぜ国金で創業融資を受けるという事は、メリットが大きいと言われているのでしょうか。その大きな理由の一つが金利が安いという事です。実は国金は一般的な銀行とは異なり、営利目的での融資を行っていません。そのために低金利で貸し出すという事が可能なのです。金利2%程度で資金調達が出来るという場合もあり、新規企業を立ち上げるという人にとってはメリットは大きいと言えます。

その一方で、創業融資を受けるためにはさまざまな準備が必要となります。書類の準備や担当者との面接など、他の金融機関よりも時間を有することも多いという特徴もあります。低金利であるメリットを受けるために国金に融資を申し込んでも、創業までに間に合わないといったことでは困ります。そこでなるべくスムーズに申し込みが出来るように、準備は万全にしておきましょう。

「創業計画書」に基づいて書類を作成する

 

国金で融資を受けるためには、まず目的や計画性がハッキリしていないと融資はしてもらえません。事業計画書に関しては、面談の際にかなり細かく質問されるので、時間をかけてゆっくり準備をしておくことが大切です。日本政策金融公庫では、出資を受ける際に「創業計画書」というものを提出することになります。この創業計画書は日本政策金融公庫で長い間使用されているもので、これに基づいてしっかりした事業計画を提出するといいでしょう。

事業計画書に記載する内容には、創業の動機というものがあります。今までの職務経験を活かした創業という事であれば、ここはしっかりとアピールしておくことが大切です。もし顧客がすでに確保できているという事であれば、記載しておくと有利になります。

経営者の略歴も必要です。ただ単に学歴や職歴を示すのではなく、経営者としての資質があるかどうかをみるためとなります。その他にも、資格取得・知的財産権・取扱商品やサービス・取引先などの記載も求められているので、詳細まで書き込めるようにしましょう。

国金での融資には担保や保証人が必要なことが多いのですが、創業融資の際には保証人や担保が不要となる場合もあるので確認しておきましょう。

申請書を提出したら面談が待っている

 

国金での融資のための申請書類等は、日本政府金融公庫のホームページを利用する事によりダウンロードできます。必要な書類をすべて作成し揃えることが出来たら申し込みです。インターネットからも申し込みは出来ますが、事前に窓口へ相談に行ったり創業融資に対応している税理士事務所に相談に行くといいでしょう。

融資の申し込みを行うと、次に面談の連絡が来ます。この面談では、資金使途や事業計画の質問などがされることとなっています。日本政策金融公庫の創業融資には厳格な条件があり、自己資金の9倍までしか融資をすることが出来ないと決められています。もちろん限度額が9倍というだけで、実際に融資を受けられる金額はそれより下になることも多いです。新規に事業を始める際には、当然運転資金なども必要となりますから、なるべく多くの自己資金を準備できていることが重要なのです。融資金額の内訳も、運転資金の割合は少なく設定されているので、創業を考えているのであれば貯蓄は増やしておくようにしましょう。

気になる面談のポイントとは

 

国金で融資を受ける際に、最も気になるのが面談という人も少なくありません。ポイントを押さえておくとスムーズに運ぶことが出来ます。申込書受け付けてもらえると、日本政策金融公庫の担当者から直接電話がかかってくることになります。この電話は面談の担当者本人であることが多いので、知らない電話番号であってもビジネスマナーに沿って応対に出るようにします。先方が提示した面談日時が都合が悪い場合、無理をせずに変更をお願いしましょう。日時の変更はマイナスポイントにはなりません。

国金の融資における面談は、かなり重要であると言われています。もし否決された場合は、1年間新たに申込することが出来なくなるからです。面談の際は、身だしなみや言葉遣いなども見られます。第一印象で好印象を抱いてもらえるようにすることも大切です。
事業計画書に基づいて質問がされますが、意外に細かい数字まで聞かれることもあります。計画書が問題なく作成されていて、質問にもうまく答えられることが経営者としての資質につながります。もし計画書について否定的な意見を言われたとしても、決して感情的になってはいけません。冷静にわかってもらえるように説明するようにしましょう。

面談が無事に終了して融資決定となれば、最終の契約手続きを踏んでから金融機関への入金となります。金利も安く、無担保・無保証人がメリットである国金の創業融資ですから、融資に至るまでの準備を整えて挑戦してみる価値はあるでしょう。

新規起業の人が利用したい国金の創業融資

 

政府系金融機関である日本政策金融公庫が行っている国金の創業融資は、低金利で無担保・無保証人が魅力です。融資を受けるまでには、事業計画書などを綿密に作成しなければならない・自己資金を準備しておく・面談があるといった条件をクリアしなければなりません。しかし創業時に安い金利で融資を受けられるメリットは大きいので、準備をしっかりして挑戦してみるといいでしょう。

初回のご相談は無料で対応しております

創業融資や資金調達で分からないことがあれば、まずはお気軽にご連絡ください。
分かりやすくご説明をさせていただきます。

電話番号:03-5960-3665 無料相談・お問い合わせ
岳雄荻野

この記事の著者:荻野岳雄

50社以上の役員を歴任、企業の再生・成長支援・経営の実践。12社以上の上場に携わる。約25年にわたり企業の35社の経営を経験。企業経営・株式上場・税務の最前線で経験を積む。税理士・中小企業診断士・行政書士。

詳しいプロフィールはこちら
無料相談・お問い合わせ

メルマガ登録はこちら

労務・会計に役立つ情報を
メルマガ配信しています。(不定期発行)

メルマガ登録はこちら
トップに戻る