JNEXT
電話する

電話する

無料相談

無料相談

  1. HOME
  2. 創業融資メディア
  3. 創業融資
  4. 美容室開業は事業計画書が肝心!融資を近づける書き方のコツ!

投稿日:2018.08.13 / 更新日:2018.08.13

創業融資

美容室開業は事業計画書が肝心!融資を近づける書き方のコツ!

岳雄荻野

この記事の著者:荻野岳雄

50社以上の役員を歴任、企業の再生・成長支援・経営の実践。12社以上の上場に携わる。約25年にわたり企業の35社の経営を経験。企業経営・株式上場・税務の最前線で経験を積む。税理士・中小企業診断士・行政書士。

詳しいプロフィールはこちら

美容室開業に向けて融資を受けようとする際は、事業計画書が必要です。しかし、必要性は知っていても書き方まではわからないという人も多いはず。これから美容室を開業する多くの人にとって、事業計画書は避けて通れない道でしょう。そこで、事業計画書の基本と書き方を紹介します。

美容室開業に必要な事業計画書とは?

美容室開業のために自己資金だけでは足りない場合、不足分について融資を受けることになりますが、その際に金融機関などに提出するのが事業計画書です。資金調達を実現するために、予測の売上高と利益、経費、開店前後にかかる資金繰りなどの収支計画を詳細に記載します。また、数字以外にも記載すべき内容がありますので、以降の段落で詳しく見ていきましょう。

事業計画書に必要な5つの項目

事業計画書は、5つの項目でアピールすることが融資の決め手になると言われています。

1つ目は、どうして美容室開業を決めたのかを記載する「創業動機」。

2つ目は、美容師としてのスキルや経営者としての適正を記載する「事業経験」。

3つ目は、収支計画を記載する「事業の見通し」。

4つ目は、お店の強みと独自性をアピールする「商品・サービス」。

5つ目は、担当者を納得させる明確な「資金計画」。

これら5つについて、できるだけ詳しく記載することで融資されやすくなります。

創業動機は経営者の想いをぶつける!

美容室開業にはどんな目的があるのか、何をきっかけに美容室開業を考えたのかをアピールするのが、創業動機の基本です。事業計画書を見る融資審査担当者は、申し込みする人の素性を知りませんし、美容業界に精通しているわけでもないため、業界の動向を含めて自分がどんな想いで開業を目指しているのかを詳しく説明できる内容を目指しましょう。

目的ときっかけを掘り下げて考えると、多くの場合は自分を取り巻く環境や美容業界に問題点があったからという結論になる経営者は多くいます。その問題点を解決するために、経営者として何ができるのかを考えてみると、創業動機で悩むことも少なくなるでしょう。また、創業動機にはお店の核になる経営理念、長期的な経営ビジョンを盛り込むのもポイントです。

事業経験は経営者の履歴書

事業計画書は、融資審査担当者に提出する融資申し込みの書類ですが、融資審査担当者から見ると事業計画書は経営者の履歴書です。申し込みする人は信用できる人なのか、経営者として本当にやっていけるのかを、事業計画書から判断しなければなりません。そのため、経営者は自分の能力をアピールする必要性があります。

事業経験を書く際は履歴書のイメージを持ち、これまでの職歴を細かく記載しましょう。働いていた美容室名、得ていた給与額まで記載します。

さらに、自分を指名してくれる常連客の割合や、働いてきたなかで何らかの美容コンテストに出場した経歴なども細かく記載するとアピールにつながります。また、経営者として必須のマネジメントスキルがあるのかも問われるため、お店のなかで人材育成などをしてきた場合は必ず記載しましょう。

一方、美容業界は未経験ながらも事業を営んできた経験がある人は、経営者としての実績と適正をアピールしましょう。これまでの売上や経営規模を含めた経営実績を数字で詳細に、そしてわかりやすく記載するのがポイントです。

最重要視される事業の見通し

お金を貸す側の目線では、本当にお金を返せるだけの根拠がなければ貸せないものですから、よく練られた収支シミュレーションの作成は必要不可欠です。

これは融資審査に関係なく、美容室開業を決意したら必ずやっておかなければなりません。収支シミュレーションの作成手順は、まず売上高を設定します。席数と立地などの要素から客数を想定し、提供するメニューから想定客単価を掛け合わせると、大筋の売上高を算出できます。

次に、粗利の設定と営業利益の設定をしましょう。粗利は売上から仕入原価を引いて算出、営業利益は粗利から販売費と一般管理費を引いて算出できます。ここで気をつけたいのは、予測となる目標の数字ではあるものの、より現実的な数字を記載することです。融資審査担当者は何枚もの事業計画書を見てきたプロですから、現実離れした数字には不信感を抱きやすいですし、実際の経営でも収支シミュレーションの数字がベースになります。

何の根拠もなく多すぎる客数や客単価をベースにした計算や、少ない従業員で無理な営業をするような経費計算は控えることが大事です。事業の見通しは融資審査の段階で最重要視される項目と言えますから、慎重に進めましょう。

商品・サービス内容でお店の強みが分かる

同業他店舗にはない商品やサービスの提供は、それだけでお客さまの来店動機を高めるのに役立ちます。

開業を決めた段階で、自店舗だけのオリジナル商品やサービスについて考えて、実際にどのように提供するのかを融資審査担当者にもわかりやすいように記載しましょう。同じエリアの他店舗では使っていない機器やヘアケア商品導入などは、他店舗との差別化に大いに活用できるでしょう。

また、特に何も差別化できる要素がないとしても、お店のデザインを考えてみるのもひとつの方法です。これまでに見てきた他店舗の真似できる部分を取り入れ、さらに改良して同エリアでは見られないようなデザインにできないか模索してみましょう。

融資を近づける資金計画のポイント

美容室開業にあたり、どれだけの資金が必要になるのかはざっくりとしたイメージがあるかもしれませんが、それを事業計画書に落とし込んでいく段階で想像以上に資金が必要になるケースもあります。

資金計画で大事なのは、お店をつくる際に必要な設備にかかる資金計画と、開業後にかかる運転資金の計画です。

どこにどれだけの資金が必要になるのかわかれば、資金計画は詳細なものになるはずです。

内装費用のほか、シャンプーユニットやキャビネットなどはどの程度のグレードにするのかなどを考慮して設備資金を決定します。

そして、人件費を考慮して運転資金を決めましょう。計画するなかで、自己資金では足りない部分があるからこそ事業計画書を作成して融資をしてもらうことになりますが、ここで重要なのは自己資金の金額です。一般的には、自己資金がなければ融資を受けられず、自己資金が多いほど融資を受けやすくなっています。すべてを自身で用意できない場合は親族の協力を得て自己資金を用意するケースも少なくありませんが、この場合も融資を得られやすいと言われています。

経営危機に陥ったとき、周囲から助けてもらえる可能性があることは、融資審査にプラスの材料となるのかもしれません。

自己資金の目安は融資をお願いする先で異なりますが、たとえば日本政策金融公庫の「新創業融資」では、自己資金は10分の1以上というルールがあります。つまり、開業資金が1,000万円必要な場合、自己資金が100万円あれば900万円を借りられるということになります。

ただし、あくまでも事業計画書ベースで審査されるため、要件を満たしていても必ず審査が通るとは言えないことに注意が必要です。また、税金を滞納している場合や遊興費などでローンを組んでいる場合は、融資を受けられない可能性がある点にも注意しておきましょう。(※1)

事業計画書はできるだけ早めが吉!

美容室開業に向けた融資を受けるには、事業計画書の充実が欠かせません。事業計画書は経営者自身の人となりを表す重要な書類です。

創業への想いから資金計画に至るまで、熱い気持ちを綴り、また綿密に練られた数字でアピールしましょう。

融資審査の担当者も人間ですから、すべてを数字だけで判断するわけではありません。規定のルールに沿った要件を満たしたうえでお店独自の強みがあれば融資に近づけるはずですから、積極的にアピールしていきましょう。なお、事業計画書でわからないことは日本政策金融公庫の窓口でも教えてもらえますので、あまり自分ひとりで悩まずに早めの相談がおすすめです。

融資が遅れれば、その分だけ開業時期が遅れてしまうことになり、当初の計画通りに進まないおそれがあります。前向きな行動で事業計画書の早期作成を目指し、融資を実現させましょう。

参考

※1.【株式会社日本政策金融公庫】創業の手引+
https://www.jfc.go.jp/n/finance/sougyou/pdf/sougyou_tebiki_biyou170725.pdf

初回のご相談は無料で対応しております

創業融資や資金調達で分からないことがあれば、まずはお気軽にご連絡ください。
分かりやすくご説明をさせていただきます。

電話番号:03-5960-3665 無料相談・お問い合わせ
岳雄荻野

この記事の著者:荻野岳雄

50社以上の役員を歴任、企業の再生・成長支援・経営の実践。12社以上の上場に携わる。約25年にわたり企業の35社の経営を経験。企業経営・株式上場・税務の最前線で経験を積む。税理士・中小企業診断士・行政書士。

詳しいプロフィールはこちら
無料相談・お問い合わせ

メルマガ登録はこちら

労務・会計に役立つ情報を
メルマガ配信しています。(不定期発行)

メルマガ登録はこちら
トップに戻る