JNEXT
電話する

電話する

無料相談

無料相談

  1. HOME
  2. 創業融資メディア
  3. 創業融資
  4. 信用金庫と銀行の違いって?メリット・デメリットは?

投稿日:2018.08.12 / 更新日:2018.08.12

創業融資

信用金庫と銀行の違いって?メリット・デメリットは?

岳雄荻野

この記事の著者:荻野岳雄

50社以上の役員を歴任、企業の再生・成長支援・経営の実践。12社以上の上場に携わる。約25年にわたり企業の35社の経営を経験。企業経営・株式上場・税務の最前線で経験を積む。税理士・中小企業診断士・行政書士。

詳しいプロフィールはこちら

信用金庫は地方の銀行ではありません。多くの人が勘違いしやすい事ですが、実は銀行と信用金庫は同じ金融機関というだけで全く別の組織なのです。信用金庫は「信用金庫法」に基づき、銀行は「銀行法」に基づいて運営されています。今回は信用金庫に注目し、銀行との違いやメリット・デメリットについてを解説していきます。

 
 

信用金庫と銀行の違い

冒頭でも書いた通り、信用金庫と銀行はそもそも根拠法が違う全く別の組織です。信用金庫はもともと、「地域の資金を地域に還元する」というコンセプトで作られました。銀行だけだと都市部しか繁栄せず、地方が貧しいままになってしまうと懸念され設立されたのが始まりです。その為利益を上げる事を目的としていなく、非営利組織となっています。銀行は株式会社であり営利組織であるので、信用金庫と違い全国に展開されています。
信用金庫を利用できる人には条件があり、信用金庫の「営業地域に居住」、「営業地域に勤務」、「営業地域で事業をおこなう(従業員300人以下で資本金9億円以下)」という3つのいずれかに該当する人に限られています。また信用金庫は会員で構成されている協同組合になるので、利用するには会員になる必要があります。口座を作り預金するだけであれば会員にならずに利用できますが、ローンや融資などを利用できるのは会員だけです。会員になるには信用金庫にもよりますが、大体1万円くらいの出資が必要になります。基本的に会員から外れる時には出資金は戻ってきますが、万が一信用金庫がつぶれた場合は戻ってこないお金となります。

信用金庫は非営利組織の為、当然利益が出た場合は会員に配当される仕組みになっています。配当金は信用金庫の利益額によって違うので一概には言えませんが、赤字である時は配当金が分布されない事もあります。

 
 

信用金庫のメリット

信用金庫の1番のメリットと言えるのが、個人や小規模事業でもしっかりと相手にしてくれるという事です。大手メガバンクを始め銀行は、利益を出す為に小規模事業よりも大きな会社が取引相手のメインとなります。扱う額が大きければ、それだけ利益も生み出しやすいからです。しかし信用金庫であれば利益は関係ありません。もちろん利益は関係ないとはいえ、業績が悪くてもすぐに融資をしてくれるという訳ではありません。経営状況や資金計画などはしっかりと審査し、融資を実行するかは決められます。しかし多くの場合は銀行より長い目で見てくれ、経営者の人となりや会社の成長性などを考えて判断してくれます。もし将来的に融資などを受ける可能性がある場合は、早めに関係性を作っておきましょう。方法としては、信用金庫で積立や定期預金をしたり、会社の給料の振込先として利用するのがオススメです。

他にもメリットがあり、比較的配当利回りが良いことや、良い金融商品もあるなどがあげられます。ただ配当利回りが良いのはメリットではありますが、出資を目的とする信用金庫の利用はできませんので注意してください。金融商品に関しては確実ではありませんが、「定期積立」が良い金利である事が多いそうです。もちろん他の銀行やメガバンクと比較する必要はありますが、定期積立であれば毎月集金に来てもらう事で信用金庫との関係を作る事にも役立ってくれます。

 
 

信用金庫のデメリット

信用金庫はあくまでも地域の為にある金融機関です。その為個人や小規模事業などの大きな味方となるのですが、地域外に対しては弱さがあります。「○○信金」と地域ごとに分かれているように、信用金庫には営業エリアが存在します。それぞれのエリアの中で行われる事には対応できますが、銀行の様に全国対応とはいきません。転勤などがあった場合は新たにその地域の信用金庫を使う事になるので、引っ越しが多い人にはあまり向いていないというデメリットがあります。

他にもATMの数が少なかったり、インターネットの対応に弱いなどがデメリットとしてあげられます。信用金庫のATMはその地域に集中していて、地域外にはほとんどありません。コンビニでもお金を引き出せるようになってはきましたが、手数料がかかってしまいます。ネットバンクや大手の銀行であればどこに行ってもATMがあったり、コンビニでも手数料がかからないなどの強みがあるので、利用方法によってはあまり便利とは言えません。また信用金庫では基本的に窓口に来店しないとできない事が多いです。最近は口座開設や資料請求などをインターネットだけで完結できてしまう銀行が増えているので、信用金庫は手続きが面倒である事もデメリットとなります。

 
 

面倒見が良いのが信用金庫

銀行は事業が上手くいってる時は良いですが、悪化するとあまり相手にしてもらえなくなる可能性もあります。これは利益を上げる為には必要な事なのです。しかし信用金庫は良い時も悪い時も変わらずに対応してくれます。この面倒見が良いのが信用金庫の特徴であるとも言えます。同じ地域に長く住む場合は、融資を受ける受けないの関わらず信用金庫との関係を持って事をオススメします。

初回のご相談は無料で対応しております

創業融資や資金調達で分からないことがあれば、まずはお気軽にご連絡ください。
分かりやすくご説明をさせていただきます。

電話番号:03-5960-3665 無料相談・お問い合わせ
岳雄荻野

この記事の著者:荻野岳雄

50社以上の役員を歴任、企業の再生・成長支援・経営の実践。12社以上の上場に携わる。約25年にわたり企業の35社の経営を経験。企業経営・株式上場・税務の最前線で経験を積む。税理士・中小企業診断士・行政書士。

詳しいプロフィールはこちら
無料相談・お問い合わせ

メルマガ登録はこちら

労務・会計に役立つ情報を
メルマガ配信しています。(不定期発行)

メルマガ登録はこちら
トップに戻る